食事・栄養

アーモンドは筋肉にも優れた栄養食品。筋トレのお供にしよう

投稿日:

アーモンドの写真

私が毎日摂る食品でアーモンドがあります。

このアーモンド、アンチエイジング、美容などに優れていることでは有名です。
それだけでなく筋トレのお供としても優れた効果があります。

今回はこのアーモンドについて筋トレ目線で解説し、私のオススメのアーモンドを紹介します。

アーモンドの栄養価

アーモンドの優れた栄養価については調べるとすぐに分かると思うので、ここでは筋トレと交えながら簡単に説明します。

ビタミン、ミネラルが豊富

筋肉を付けるにはタンパク質ばかり注目されがちですが、タンパク質の同化作用を高めるためビタミン、ミネラルなどの栄養素は必須です。

アーモンドにはそれらが豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸

アーモンドの脂質は不飽和脂肪酸という"良質"な脂質です。
脂質は敬遠されがちですが、"良質"な脂質を摂ることはホルモンの生成などにも役立つため大切です。

不飽和脂肪酸は血中に溶け込み、脂肪として蓄積されにくいため、太る原因にもなかなかなりません

食物繊維が豊富

アーモンドにはレタスの9倍、ごぼうの1.6倍の食物繊維が含まれています。

食物繊維は意識しないと不足しがちな栄養素です。

私はアーモンドを摂りだしてから便通が改善されました。
腸内環境を整えるということは消化吸収を促進することであり、トレーニーにとって必須です。

テストステロンを高める

テストステロンとは、筋肉増加、脂肪燃焼、やる気増加、性欲増加などを高める男性ホルモンの一種です。

アーモンドにはテストステロンを高めるアルギニン、亜鉛、ビタミンB、脂質、すべてが含まれています。

オススメのアーモンド

アーモンドの一日摂取量は25~30gが理想とされています。
(一粒約1gのため25~28粒)

それ以上は過剰な摂取になるので、注意が必要です。

また塩分の摂り過ぎになるため、無塩の素焼きアーモンドが良いでしょう。

そのうえで私が探し、理想的だった商品がこちらです。

一日の理想的な摂取量である28gを個包装で包んでいるため、毎日気軽に摂取することができます。

もちろん無塩の素焼きアーモンドです。

大容量の袋だと食べているうちに湿気ってきたり、数えながら食べたりするのが手間だったためこの商品に行きつきました。
そのうえでコストパフォーマンスにも優れています。

私のアーモンドの摂り方

毎朝プロテインとオートミール(私の場合はインスタントオーツ)、アーモンド1袋摂るのが私の日課です。

朝は時間をかけたくない人間なので、簡単にバランスよく栄養摂取できます。

腹持ちが良いので昼食までも楽に過ごせます。
(朝食プロテインのみのときはこれがキツかった、、)

さいごに

健康食品としてアーモンドは有名なものとなりました。

今回はそれらをトレーニー目線で少し話してみました。

筋トレをしていなくてもアーモンドは非常に優れた食品です。
ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食事・栄養

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.