筋トレ知識・雑学

【筋トレとアンチエイジング】スクワットでいつまでも若々しく

更新日:

寝そべった女性

競技目的で筋トレをしている人以外の多くは、
『見た目をよくしたい』という理由で筋トレをしていると思います。

少しでもカッコいい身体になりたい。美しく綺麗な身体でありたい。

そうなると、
『いつまでも若々しくありたい』というのもあるのでないでしょうか。

筋トレ、運動をしていれば若々しくいれるというイメージはあると思います。
ジムのトレーナーなど実年齢より随分若く見えたりしますよね。

これはイメージでなく紛れもない事実です。
筋トレはあらゆる運動の中で、もっともアンチエイジングに適した運動です。

なぜ筋トレはアンチエイジングに適しているのか

筋肉の衰え

筋トレをしたら当然筋肉が付きます。
しかし筋肉は使わなかったら衰えるものです。

筋肉の衰えと老化は直結しています。

筋肉における老化とは速筋線維の衰えです。
遅筋線維は立つ、座る、歩くなど日常生活でも使われます。

ですが日常生活において速筋線維はほとんど使われる機会はなく、次第に細くなってきます。
速筋線維が細くなると次第に動きも遅くなり、さらに年月を重ねると上体を支えることも困難になり腰が曲がってくるなど、動くことも辛くなってきます。

そうすると次に待っているのは遅筋線維の衰えです。
そして最後に待っているのは「死」です。

もちろん加齢とともに徐々に訪れることですが、筋肉は20代を境に何もしないと確実に衰えていきます。

その衰えの第一段階、速筋線維をもっとも効率的に鍛えることができるのが筋トレなんです。

成長ホルモンによる改善

成長ホルモンは身体のあらゆる新陳代謝、組織の再生を促進する役割を持っています。

具体的には肌の再生による美肌、シミの改善、健康な髪の毛など若々しく見えるためには絶大な効果があります。

筋トレをするとこの成長ホルモンが分泌するのです。

これは運動でもジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋トレによる無酸素運動により分泌されるものです。

成長ホルモンは10代の成長期をピークに加齢とともに減少していきます。

筋トレを習慣づけることで成長ホルモンの減少を最小限に留めましょう。

アンチエイジングに適した筋トレ種目

アンチエイジングを目的とした場合、より成長ホルモンの分泌を活性化する種目が効果的です。

高強度で多くの筋肉を動員する種目を短時間でおこなうことで、成長ホルモンはより分泌します。

つまり高強度のコンパウンド種目(多関節種目)。これは間違いなく筋トレBIG3のベンチプレス、デッドリフト、スクワットです。

その中でもスクワットがより効果的といえるでしょう。
足の筋肉は身体の70%を占めており、体幹部の筋肉も使われるので最適です。

それに老化は下半身からくるので、下半身を鍛えておくことは大切です。

スクワットをしている男性
バーベルスクワットの絶大な効果。怪我のない安全なフォームを身に付ける

スクワットはその効果の高さから別名『キング・オブ・トレーニング』と呼ばれるほど、多くの人におこなわれています。 下半身全般はもちろん体幹部の強化にも効果的で、あらゆるトレーニングの中でも運動能力の向上 ...

さいごに

最近ではモデルさんなどもおこなっている影響から美容、健康目的に筋トレをする女性も増えてきました。

またジムでもトレッドミルなど有酸素運動だけでなく、ウェイトトレーニングをする人が増えてきたのは実感します。

しかしまだまだ日本はトレーニングにおいては後進国なので、もっと盛んになることを切に願います^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.