胸のトレーニング

初心者はとりあえずベンチプレスのみでカッコいい身体になれる

更新日:

上半身の男性のイラスト

筋トレの王道種目といえばベンチプレスです。

はっきり言って、
初心者はあれこれ手を出さずにベンチプレスのみやれば、それなりにカッコいいと身体に最短で近づけます。

トップ画像ほどの筋肉でしたら

初心者が筋トレを始めるとよく目にするのが、
はりきって全身細かく鍛えようとさまざまなマシンを黙々とこなし時間も割き、終わったあとに充実感はあるのですが結果はあまりついてこない人。

その生真面目さは立派だと思いますが、身体に現れる結果は別問題です。

ただメニューを作業的にこなすのが目的となっていて、ひとつひとつの種目のクオリティを追及できず結果が付いてきていないパターンです。

筋トレは目に見える結果がすべてです。

ベンチプレスしかやらない人

ベンチプレスの写真

私のジムに「筋トレが趣味、身体を変えたい」というよりは「ベンチプレスをやること自体が趣味」というタイプの人がいます。

この人は細かくボディメイクのことなどは無関心で、いつもベンチプレス仲間と重量を追い求めながらベンチプレスを楽しんでいます。
ベンチプレスの重量がどうすれば伸びるか、フォームをどうした方がいいのかを追及しています。

この人はどう見ても、いかにも鍛えている立派な身体をしているのです。

なぜベンチプレスのみでカッコいい身体になるのか

ベンチプレスをやり込むと胸、肩、腕が発達してきます。

筋肉のイラスト

正確には大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋などがターゲットなのですが、
これらが発達するだけでTシャツ越しにもしっかりとした厚みのある逞しい上半身に見えます。

もちろん知識のある人がちゃんと見れば上腕二頭筋もやった方がいい、背中の発達が乏しいなどの意見もあるでしょう。

ですが大多数の人が先ほどのベンチプレスしかやらない人を見たら、よく鍛えられたカッコいい身体と思うはずです。(写真を用意できないのが残念です)

知識のある私ですら話を聞くまで、まさかベンチプレスしかやらない人だとは思えない身体でした。

それほど胸、肩、腕が発達するだけで簡単に見栄えのよい印象にできるのです。

種目は少ないほどトレーニングのクオリティは上がります。
必要な回復、栄養もその部位に集中しておこなわれ、知識の少ない初心者のうちから目に見える結果として現れやすいです。

まとめ

筋トレは得てしてこうした楽観的思考の持ち主といいますか、細かいことは気にせず好きなことだけ集中しておこなっている人の方が、生真面目に黙々とこなしている人より目に見える結果に簡単に結びつきます。

今回はベンチプレスを例に出しましたが、下半身をとにかく変えたいという人はスクワットだけでもいいですし、
ひとつの種目を追及するということが本当に大切です。

あれもこれもやりたくなる気持ちもよく分かるのですが、筋トレで一番大事なのは多くの場合見た目を変えることです。

まずは最短でひとつ成功体験をし、次はあれもやってみようかなくらいの気楽な気持ちで長い期間トレーニングを続けるのが一番だと思います。

ベンチプレスをする男性
上半身トレの王道といえばベンチプレス。フォームや効果を解説

数ある筋トレ種目の中で一番人気種目といえば、ベンチプレスではないでしょうか。 胸、肩、腕と洋服越しでも伝わりやすいパーツを効果的に鍛えれるので、いわゆるカッコいい身体になるには最適な種目です。 また、 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-胸のトレーニング
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.