食事・栄養

食べ順ダイエットとは?食事の順番を意識するだけで身体は変わる

投稿日:

サラダを食べる人

「食事の順番を変えるだけでダイエットできる」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

一時期テレビなどでも話題になりましたね。

私は「どうせ胃の中で混ざるもの。どれほどの意味があるものか」
と当時あまり関心を持っていませんでした。

ですが調べて、実際に行ってみると、これは科学的根拠に基づいた理にかなった方法でした。

結論から言うと、これだけで体重管理できるほどダイエットは甘くないです。
なにより大切なのは食事内容であることには変わりません。

しかし、このダイエット法は同じ食事内容のまま脂肪を付く割合を減らせるというメリットがあります。

どうせ同じ食事内容なら脂肪の付く割合は少ないに越したことありませんよね。

これ一つ覚えることで体重管理は自由自在という方法ではありませんが、ダイエットを助長させる方法として誰でも覚えておきたい方法です。

食べ順ダイエットのやり方

このダイエットのもっとも重要なポイントは、
はじめに食物繊維を摂るということです。

食べる順番としては、

  1. 食物繊維(野菜、海藻など。味噌汁など汁物で摂るのも可)
  2. タンパク質、脂質(肉や魚など)
  3. 炭水化物(米、パン、麺類など)

という順番で食べるように徹底します。

他のダイエットと違い食事内容を変えることなく、順番を変えるだけで脂肪の付き方を抑えることができます。

なぜ順番を変えるだけで効果があるのか?

なぜ同じ栄養素なのに、順番を変えるだけで脂肪の付き方を抑えることができるのか?
一見不思議ですが、ちゃんと理由があります。

はじめに食物繊維を摂ることで他の食品の消化吸収を遅らせることができます。

消化吸収を遅らせるということは、血液中のアミノ酸、脂質、糖の濃度の上昇が緩やかになるということです。

タンパク質はアミノ酸、炭水化物は糖へと消化器官で分解され血液中に運ばれます

濃度上昇が緩やかになると短時間での過剰な栄養供給を防ぐため、同じ栄養素でも太りにくくなるという仕組みです。

簡単にいうと高GIの食事を低GIに変えてしまうイメージです。
GI値については下記の記事で詳しく書いてます。

穀物の写真
めんどくさがり屋のあなたへ。もっとも簡単な減量方法「GI値のコントロール」

今回する話は厳密にはしっかりと体重、体脂肪をコントロールできる方法ではありません。 しっかりと体重、体脂肪をコントロールするには、 自分の除脂肪体重を知り、摂取カロリーを決め、さらに踏み込むとPFCバ ...

続きを見る

さらに緩やかに上下する栄養素の濃度はエネルギーの持ちが良いので、空腹感を長時間感じづらくなります。腹持ちが良いということです。

プラス一品の意識

外食などでは炭水化物だけになるようなこともあると思います。
プラス一品でサラダを付ける習慣を付けましょう。

食物繊維もそうですが、日ごろ不足しがちなビタミン、ミネラルも身体作りに大切な栄養素です。
野菜や海藻類にはそれらが多く含まれています。

はじめに野菜などを食べることである程度の満腹感も感じることができます。
これにより過剰な食事を抑えることができるメリットもあります。

さいごに

気を付けなくてはならないのは、あくまで「プラスアルファ」の効果であること。
考えなしにカロリーオーバーの食事を続けるともちろん太ります。

日頃の食生活のプラスアルファの効果として期待しましょう。

このダイエット法は劇的に変化を感じられる方法ではありません。
ですが、極めて簡単で継続がしやすいというメリットがあります。

日頃の食事にプラスすることで少しずつダイエットが進み、長い目で見れば大きな脂肪の付き方の違いが出てきます。

ダイエットをしたいけど何から始めたらいいか分からない人などにもオススメです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食事・栄養
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.