腕・前腕のトレーニング

上腕二頭筋のお気に入り種目、EZバーカール。フォームや効果を解説

更新日:

EZバーカールをおこなう男性

EZバーカールは私が上腕二頭筋のメイン種目として頻繁におこなっている種目です。

それまではバーベル、ダンベルを中心にカール種目をおこなっていたのですが、重量が伸びない、筋肥大の停滞などを感じていた時に試しにEZバーでおこなってみました。

これが私には合っていて、上腕二頭筋にグサッ、グサッと刺さるような刺激を感じ、それ以来はもっぱらEZバーでおこなっています。

EZバーカールの特徴

バーベル、ダンベルだと手首は真っ直ぐ上を向いた状態でカールします。

これって関節には不自然な動きなんです。
自然と肘を曲げる動作をすると、手首は若干内側を向いて挙上するのが関節に自然な動作です。

今までバーベル、ダンベルで手首が痛くなっていた人、
もしくは痛くないまでも手首周りに余計な意識がいき上腕二頭筋の収縮に集中しきれなかった人(私はこれに当てはまると思います)にオススメです。

EZバーカールの効果

人体図のイラスト

上腕二頭筋を鍛えるアイソレーション種目です。盛り上がった力こぶを作ってくれます。

EZバーカールのフォーム、やり方

  1. 足は肩幅ほどに開き、EZバーの外側のグリップを逆手で握り、胸を張る
  2. 上腕二頭筋の収縮を意識しながら、力こぶが最大になる位置まで肘を曲げる
  3. EZバーを下ろす。負荷を逃がさないため、肘を伸ばしきる手前で止める
  4. 2と3を繰り返す

EZバーカールの注意点

上腕二頭筋以外の関与を減らす

他のカール種目と注意点は同じです。

バーを持ち上げる際は、

  • 肘を動かさない
  • 上体を起こす反動を使わない
  • 肩を持ち上げない

肩や背中の筋肉を関与し持ち上げてしまうことになります。

バーを持ち上げる際にこれらを意識した上で、胸を張ったまま上体を軽く前傾させるように、バーと胸をぶつけるように意識すると上腕二頭筋に刺激が入りやすくなります。

ぜひ試してみてください。

使用重量に注意する

使用重量を重くすると自然と他の筋肉を関与して持ち上げてしまいがちです。

慣れるまでは軽めの重量でしっかり上腕二頭筋に刺激が入っていることを意識しておこないましょう。

目で見て意識する

注意点とは少し違うのですが、私はどの種目も鏡が見れるときは見ながらおこないます。
特に上腕二頭筋の種目は鏡を見ることで筋肉の収縮を意識しやすいのでオススメです。

また、ジムの場合だと人によっては恥ずかしいなどの意見もあるかもしれませんが、ノースリーブの服装だとより一層、収縮しているのを確認しながらおこなえます。

パンプした腕にモチベーションも上がりますしね。

さいごに

EZバーはバーベルのように邪魔にならないので、自宅でダンベルトレーニングしている人の次のステップとしてもオススメです。

マンネリ打破にも効果的ですし、
なにより私個人的にはEZバーでおこなうトレーニングは楽しいんです。
動作をおこないやすく、狙った箇所にも刺激を入れやすく、楽しくおこなえます。

上の動画にある、EZバーカールとトライセプスエクステンションのスーパーセットが私の上腕トレーニングの定番です。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-腕・前腕のトレーニング

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.