筋トレ知識・雑学

初心者はマシントレーニングよりもフリーウェイトから絶対に始めるべき理由

更新日:

ダンベル運動をする女性

以前、初心者は自重トレーニングよりウェイトトレーニングをやろう、という記事を書きました。

腕立て伏せができない男性
初心者はまず自重トレーニング?否!初心者こそウェイトトレーニングおこなって欲しい

初心者はまず自重トレーニングで基礎体力を付けて、その後トレーニングが習慣化してきたら、さらなるステップアップを目指しウェイトトレーニングを取り入れましょう。 とは、私はまったく思いません。 なんかこの ...

今回はさらに、ウェイトトレーニングの中でもマシントレーニングよりフリーウェイトを始めようという内容です。

ジムに行くとフリーウェイトエリアは体格のいい上級者らしき人が多く、初心者は気軽にやりづらい雰囲気があるようです。

ですが、私はぜひ初心者にこそフリーウェイトをおこなって欲しいと思っています。

それぞれのよくある説明

マシントレーニング

ジムに設置されたトレーニングマシンを使う方法です。

軌道が固定されているので、狙った筋肉に効かせやすいです。

フォームはマシンが誘導してくれるので難易度は低めで、怪我のリスクも少ないです。

フリーウェイト

ダンベル、バーベルを使ったトレーニングです。

軌道が固定されていないので、軌道の維持、姿勢の維持のためにさまざまな小筋群も使います。

フォームの習得がマシンに比べ難しく、さらに怪我のリスクも高まります。

初心者にはフリーウェイトがいい理由

バーベル運動をする男性

上記の説明だとフリーウェイトの方が難易度が高そうなので、まずはマシントレーニングからがいいのでは?と思うかもしれません。

マシンは思っている以上に難しい

マシンだと軌道を繰り返すことでやっている気にはなれますが、狙った筋肉にしっかり負荷をかけるのは思ってる以上に難しいです。

私はマシンを上手に扱えるのもフリーウェイトの技術が前提だと思っています。

例えばチェストプレスマシンをするときも、ベンチプレス経験者が扱うと肩甲骨をしっかり寄せて大胸筋にピンポイントに効かせながら扱えます。

日頃マシンしかしない人は、器具の説明文は注意しながらやりますが、そのような意識はなかなか持てません。

ラットプルマシンも背中に効かせることは初心者には相当難しいです。
フリーウェイトで広背筋の収縮させる感覚を身に付けないとなかなか上手く扱えないものです。

フリーウェイトのフォームは確かにすぐに身に付けれるものではないですが、今後トレーニングをする全ての土台になります。

この時間は割くべきではないと思うのです。

結果にすぐに繋がる

初心者がトレーニングを継続するためにもっとも大事なことは、
目に見える結果、つまり身体の変化を実感することだと思います。

フリーウェイトは少ない種目で結果を出せます。

それは軌道、姿勢の維持のために多くの付随する筋肉も使うので、同時に多くの筋肉を鍛えることができます。

よくある話、筋トレのBIG3と呼ばれるベンチプレス、デッドリフト、スクワットをおこなうだけで充分な全身トレーニングになるのです。

マシンで全身をおこなうのは大変です。
なにより初めのうちから多くの種目をやるのはオススメしません。
体力も集中力も限界があり、質の悪いトレーニングを作業的にこなす可能性が大です。

初めは少ない種目をしっかりやり込んで、結果を出していくべきです。

なにも無理に全身する必要もありません。
初めはベンチプレス、懸垂だけでもしっかりとした上半身が作れます。

マシントレーニングの使い方

トレーニングマシンの写真

マシンは可変抵抗式で作られています。

これはどういうことかというと、
チェストプレスマシンをやってみると、初め軽い負荷から徐々に重くなり、半分あたりから設定した重量になります。

筋肉の力が発揮できない位置では軽めで、力が発揮できる位置で最適になるように作られているのです。

フリーウェイトだとこうはいきません。
もちろん常に同じ重さです。

フリーウェイトだと初動を扱えなくなってきた、疲弊してきた頃に、最後にマシンで追い込むというやり方をしている人はよく見かけますね。

また、怪我をしているときにマシントレーニングは有効です。
怪我の部位を関与しないように鍛えることができます。

さいごに

今回の話はそんな難しい話ではなく、ごくごく当たり前の内容です。

それなのになぜジムに入会したら最初にマシンから教わるのか。

それはジムのトレーナーの人員でしょうがないんです。
入会者のたびに付きっきりでフリーウェイトの指導をしっかりしていたら、人員がまったく足りませんからね。
中途半端に教えてはフリーウェイトは怪我に繋がってしまうのでジムからすればリスクしかないのです。

フリーウェイトの方が効率的なのは周知の事実で、その証拠にライザップなど専属でトレーナーが付くパーソナルジムは、初心者からフリーウェイトでトレーニングをします。

ぜひ初めのうちからフリーウェイトの知識をしっかり付け、怪我のないよう結果の出るトレーニングをしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.