筋トレ知識・雑学

ゴールドジムに通って感じたメリット、デメリット6選

更新日:

女性の後ろ姿

私は今でこそ公営ジムに通っていますが、その前はゴールドジム通いでした。

さらにその前には民間のフィットネス系のジムをいくつか通っていたこともあり、ゴールドジムのメリット、デメリットは把握したつもりです。

そこで今回は私が感じたゴールドジムのメリット、デメリットをまとめたいと思います。

ゴールドジムのメリット

丸を描く男性

ウェイトトレーニング設備は圧倒的

マシン、ダンベル、パワーラックなどの充実はすごいです。

他のジムだとマシンは各部位ごとに1~2台だったりしますが、ゴールドジムでは同一部位だけで5台違うマシンがあったりします。

ダンベルも他のジムだとあっても30キロまでですが、ゴールドジムには90キロのダンベルまでありました。(誰が使うのか笑)

一番ありがたかったのはパワーラックの充実です。
私の通っていたゴールドジムはパワーラックは5台あり(ベンチプレス台は3台)、待ち時間はほぼなしで使えていました。

他の施設だとパワーラックは1台というのもザラなので、とてもありがたかったです。

トレーナーの質

有名な話ですが、ゴールドジムのトレーナーは他のジムのトレーナーとはレベルが違います。
(他が低いとは言いませんがゴールドジムが高すぎる)

数多くのバルクアップ、減量を繰り返してきた人たちなのでその知識、経験談を無料で聞けるだけでも月会費を払う価値がありました。

物販の割引

ゴールドジムのトレーニングギアは優秀な物が多いです。
私が愛用していたのはトレーニングベルト、パワーグリップ、グローブです。

会員ならそれらを20%オフで購入できます。
ゴールドジム製品はどこも定価販売がほとんどなのでお得です。

プロテインなどサプリメント系も割引で買えるのですが、これは他社と比較してとても高かったので私は買うことはなかったです。

プロテインバー

プロテインバー併設のジムはゴールドジムぐらいでしょうか。

普段はプロテインを持参してたのですが、たまに忘れたときに重宝します。
トレーニング後にプロテインを飲めないのは気分が落ちます。

このバーでのプロテインがとにかく美味しかったです。
あまりの美味しさに自分で持参していても、バーで購入してしまうこともしばしば。。

アンケートに答えたらプロテイン券と交換なども定期的におこなっていたので、喜んで答えていました。

ゴールドジムのデメリット

バツを描く男性

ウェイトトレーニング特化

ゴールドジムには基本プールや大浴場などの設備はありません。

それらの運営コストを省くことで、他のジムと変わらない料金でウェイトトレーニングの設備に特化したジムです。
プールなどが目的の方は初めから候補から省いたほうが良いと思います。

デメリットに上げましたが、これがゴールドジムの大きな特徴であり、同時にメリットでもあります。

店舗数が少ない

都市を中心に展開しているので、郊外には店舗数が少ないです。
ジムに継続して通うにあたり、立地というのは最優先事項だと思います。

その点エニタイムフィットネスなどに比べるとデメリットです。
(ビジネスモデルが違うのでしょうがないのですが)

さいごに

ゴールドジムはどうしても初心者には敷居が高いイメージがあります。

ですが実際はガリガリの人、太っちょの人も全然いますし、まったく気になりませんでした。
もちろんボディビルダーなどのガチ勢も一定数います。

私は現在ではゴールドジムに通っていないですが、そこでの経験が確実に大きな糧となっています。
むしろ基本から身に付けるべき初心者にこそ、一番オススメできるジムだと思っています。

自宅、職場から近いなど立地の合う人はぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-,

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.