筋トレ器具・グッズ

ジム用スポーツイヤホンの私の最適な条件!今回買ったもの

更新日:

イヤホンを付けた少年

私は筋トレ中、音楽を聴いてモチベーションを上げます。

今まで使っていたイヤホンの通話機能(マイク機能)が壊れたようなので、この度イヤホンを買い替えました。

その際、以前のイヤホンにあった不満点を考察し、今回どんなイヤホンが最適か考えたので書き記しておきます。

なにか参考になれば。。

私がイヤホンに求めた条件

低価格帯のコスパ重視

スポーツで使うので音質は最低限で構いません。

それよりも気軽に買い替えれるような2000円前後くらいでガシガシ使いたいです。

高いものは汗をかく環境で使いたくありませんしね。

Bluetooth対応【コードレス】

これは必須ですね。煩わしいコードは必要ありません。

ですが左右とも完全独立タイプは無くしそうなので候補から外しました。

防水防滴

これもスポーツ環境の使用なら当然必須。

カナル型でなくインナーイヤー型

カナル型は耳栓のように耳の奥まで入れて使うタイプ。
そのぶん高音質になりますが、周りの音は遮断されます。

以前はカナル型だったのですが、今回は密閉性のないインナーイヤー型で探しました。

ジムで使うには周りの音も確認できるインナーイヤー型の方が適しているでしょう。

また、カナル型はそのまま通話した際、自分の声がこもって聞こえるのが苦手でした。
外出時は今後インナーイヤーにするつもりです。

ですが最近市場はカナル型中心!候補がグンと減りました。

フラットケーブルは候補外

これも以前はフラットケーブルでした。きしめんのような平たいケーブルです。

フラットケーブルはスポーツで使用していると、首の汗でピタッと粘着してくるのが苦手でした。
首にくっついて、そのまま頭を動かすとイヤホンが耳から抜けたりしていました。

フラットケーブルは鞄の中などで絡みづらいという利点があるのですが、Bluetoothなので左右を繋ぐ程度の長さ、通常のケーブルでも特に問題ないはず。

最近フラットケーブルの多いこと。また候補が絞られます。

イヤーピース付き

イヤーピースがあれば、耳から外れにくくなります。

ですがここでもさらに条件。

イヤーピースは付けても、付けなくてもどちらでも使えるタイプであること。

以前もイヤーピース付きでしたが、確かに耳からは外れにくくなります。
ですがイヤーピース自体がすぐにズレたり、気づいたらイヤーピースが外れていたり、それがストレスでした。

筋トレのような運動ならイヤーピースなしでも外れることはそうないのではないか。
そう思い、今回は両用タイプで探しました。

ランニングなどならあった方がいいでしょうしね。

できるだけシンプルで軽量であること

軽いに越したことありません。

重いとその分、イヤホンの重みでズレやすくなります。

 

実際に買ったもの

ということで探しました。

Amazonを探索。。まずインナーイヤーのノーマルケーブルが最近は少なめ。。

そしてついに!
全ての条件に当てはまったものを見つけました。

今回買ったものはこちら。

色もシンプルな黒で高級感もあり(安っぽくなく)いい感じです。

イヤホンセットの写真

また実際に使ってみたら、使い心地を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ器具・グッズ

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.