サプリメント・プロテイン

プロテインの選び方。ホエイ?ソイ?WPC?WPI?

更新日:

プロテインの画像

筋肉を付けたくて筋トレを始めたらプロテインが気になると思います。
プロテインは効率よくたんぱく質を摂りたい人には必須のサプリメントです。

ですが、次に悩まされるのがどのプロテインを買ったらいいのか?

同じメーカーでもプロテインにはたくさんの種類があります。
初めての方はどれを選んだらいいか分からないですよね。

先に結論から言います。

初めての方はとりあえずホエイプロテインのWPCを選びましょう。

筋肉を付けるという意味でもっとも効率よくコストパフォーマンスに優れているからです。

ホエイ?カゼイン?ソイ?

今、一般的に普及しているプロテインはホエイ、カゼイン、ソイの3種類です。

ホエイプロテイン

  • 牛乳が原材料
  • 水溶性で吸収が早い
  • 万能に使えるプロテインの定番

カゼインプロテイン

  • 牛乳が原材料
  • 不溶性で吸収が遅い
  • 間食、就寝前向け
  • 価格はホエイより若干高い

ソイプロテイン

  • 大豆が原材料
  • カゼイン同様吸収が遅い
  • 味がまずい
  • 価格はホエイより若干安い

迷ったらとりあえずホエイ

迷ったら一番定番とされているホエイを買っておけば間違いないです。

ひと昔前はプロテインは不味いものという認識がありましたが、当時はソイが一般的だったためです。
今ではホエイが普及し、不味いプロテインに巡り合うことの方が困難になりました。

私は以前は就寝前にはカゼインなど使い分けていましたが、今ではホエイのみです。

効果をさほど感じず、吸収が遅いため胃腸への負担も大きいと感じたためです。
ドロドロして味も美味しくないですしね。

周りもみても以前のように今は多様化しておらず、プロテインはホエイですべて補っているという人が多いです。

WPC?WPI?WPH?

考える男性

それぞれの特徴

ホエイプロテインの中には製法の違いでWPC、WPI、WPHがあります。

WPとはWhey Protein、ホエイプロテインの略です。
以下C、I、Hが製法のことです。

  • WPC=Whey Protein Concentrate(濃縮乳清たんぱく質)
  • WPI=Whey Protein Isolate(分離乳清たんぱく質)
  • WPH=Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清たんぱく質)

専門的な話は省略し簡単に説明します。

下に行くに連れて、たんぱく質以外の成分を除去し、たんぱく質含有率が増えます。

  • WPC たんぱく質含有率80%前後
  • WPI たんぱく質含有率90%前後
  • WPH たんぱく質含有率95%前後

これなら下に行くほどいいじゃないかと思いますが、下に行くほどコストは高くなります。

その値上げ幅も結構な額なので、WPCで私は十分と思っています。
今のプロテインは優秀なので、はっきりいって80%も含有率があれば十分です。

それよりもコストを気にせずにケチらず飲み続けることが一番大切です。

また、WPCは他の2つに比べ若干の脂質が含まれているため味が美味しいのも特徴です。
脂質といっても1杯あたり1~2gなので気になる量ではないと思います。

乳糖不耐症について

乳糖不耐症の人がいます。

牛乳でお腹を下してしまうのような人です。
日本人には比較的多いようです。

そのような人には原因の乳糖を限りなく取り除いているWPI製法がオススメです。

まずWPCを試してみて、身体に合わなかったらWPIという方法がいいのではないでしょうか。

さいごに。とりえあずこれを買えばよし

私はプロテインは品質が信頼できたうえで、コスパに優れていることが一番だと考えています。

今のサプリメント業界でコスパ、品質など総合的に優れているのはマイプロテインだと思います。

定番商品のWPC製である、インパクトホエイを買っておけばとりあえず間違いないと思います。

マイプロテイン - インパクトホエイはこちらから

国産ならバルクスポーツがオススメです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サプリメント・プロテイン
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.