サプリメント・プロテイン

プロテインの次に買うのはマルトデキストリン。筋肥大に欠かせない効果が満載

更新日:

筋肉質な男性

筋トレを始めて多くの人がまず手にするサプリメントはプロテインだと思います。

それは間違っていないです。
筋トレをしている以上、日々のタンパク質摂取量を意識することはとても大切です。

次にオススメできるサプリメントを聞かれたら、
私は迷わずマルトデキストリンをオススメします。(MDなどとも表記されます)

特に筋肥大(バルクアップ)を目指している方には、プロテインと並んで双璧のサプリメントだと思っています。

マルトデキストリンとは

デンプンを酵素分解して…と細かい説明は省き、
簡単に説明すると粉末状の吸収速度に優れた糖質です。

プロテインはタンパク質を気軽に摂取できるサプリメントですが、その糖質バージョンと言えば分かりやすいでしょうか。

筋トレを始めたばかりはタンパク質に目を奪われがちですが、エネルギー源でもある糖質の摂取も合わせて考えることが大切です。

この摂取を取り入れることで、

  • 筋トレ時のパフォーマンスの低下防止
  • 筋肉の分解防止
  • 筋肉の合成(筋肥大)の促進

などの効果が得られます。

筋トレとマルトデキストリン

筋トレにおけるマルトデキストリンの効果は大きく2つあります。

血糖値の上昇

ハードな筋トレをしていると血糖値(身体の中の糖質量)が下がり、パフォーマンスが低下します。

糖質は身体のエネルギー源です。
マルトデキストリンを摂取することでパフォーマンスの低下を抑制できます。

また、糖質によるエネルギー源を失うと、身体は筋肉を分解してエネルギー源にしようとします。(カタボリック)
これはトレーニーにとって絶対に避けなくてはなりません。

血糖値をある程度高めておくということの大切さが分かると思います。

インスリンの分泌

糖質を摂ることでインスリンというホルモンが分泌されます。

タンパク質を摂ると分解されアミノ酸になり、このアミノ酸が血中から筋肉に運ばれることで筋肉の合成が起こります。(筋肥大)

インスリンはこのアミノ酸を筋肉に運ぶ役割を担います。

タンパク質は糖質との合わせた摂取が大切だということが分かると思います。

マルトデキストリンの摂取タイミング

筋トレの前、中、後で考えていきます。

筋トレ前

1.5~2時間前に十分な食事が取れていれば不要と言えます。
食事が取れなかった場合はマルトデキストリンで直前に糖質補給しておきましょう。

食事だと消化吸収に時間がかかりますが、マルトデキストリンだと吸収速度に優れ、即エネルギー源となります。
胃腸への負担もほとんどありません。

筋トレ中

トレーニング中に血糖値の低下を補うにはマルトデキストリンが最適です。

食事などの固形物をトレーニング中に摂るのは適しません。筋肉に必要な血液が消化器官のために使われてしまいます。
なにより体調を崩すことが多いです。

その点マルトデキストリンは吸収速度に優れ、消化器官に負担をかけません。

筋トレ後

筋トレ後はプロテインを摂取する方が多いと思います。(またはBCAAなど)

前述のとおり、筋肉の合成を促進するためにマルトデキストリンを同時に摂りましょう。
プロテインと一緒に混ぜて飲むのがオススメです。

私は1:1の割合で作ります。

オススメのマルトデキストリン

プロテインやBCAAなどと合わせて飲むことが多いため、味なしのノンフレーバータイプがオススメです。

コスパ重視ならマイプロテインでプロテインなどと一緒に大容量をまとめ買いしておくのが良いと思います。(私がそうしているからですが)

マイプロテイン - マルトデキストリンはこちら

マルトデキストリン自体は安価なサプリメントなので、Amazonでも気軽に買えると思います。

さいごに

市販のウエイトゲイナーなどはマルトデキストリンとホエイプロテインを混ぜているものがほとんどです。
自分でマルトデキストリンを混ぜて作った方がタンパク質含有量も調節できますし、コンパも圧倒的に優れています。
増量をしたい方はいつもプロテインに混ぜて飲むのもいいでしょう。

減量中の方でも、筋トレ前後の糖質補給は筋トレで糖質が使われているので、太る原因になりません。

筋肉の成長にはタンパク質と糖質の合わせた摂取が大切だということを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サプリメント・プロテイン
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.