筋トレ知識・雑学

筋肉痛のときは筋トレをしていいの?私が体験してきた中での結論

更新日:

筋肉痛の男性

「筋肉痛のときは筋トレをしていいの?」

トレーニングを続けていると誰もが一度は疑問に思ったことがあると思います。

これについて私は、
基本的にしない方がよいと考えています。

その理由を説明します。

筋肉痛のとき筋トレをしない理由

筋肉痛と超回復

筋肉痛の回復と一緒に超回復の話がよく出てきます。
超回復により、筋肉のエネルギー源である筋グリコーゲンは48~72時間で回復すると言われています。
これにより2、3日経てば筋肉は力を発揮できる状態になります。

ですが筋肉痛による筋肉の炎症はまだ治まっていない可能性があるんです。

炎症については私は特に問題視していません。
炎症は怪我ではないので、多少炎症が起こっていてもパフォーマンスはほぼ問題ないと言えます。

靭帯、関節のダメージ

私が問題視しているのは靭帯、関節のダメージです。

この筋肉痛の痛みが筋膜による痛みなのか、それとも靭帯、関節にダメージが蓄積している痛みなのかを見極めることは困難です。

まだ靭帯、関節にダメージが残っているのに高重量でトレーニングをすると怪我のリスクが飛躍的に増します。

実際このことが原因で以前は腰、肩などをよく怪我しました。

今では怪我、病気は筋肥大においてもっとも害悪と考えているので、私はリスクは最小限にするため筋肉痛時は筋トレをおこないません。

それでも筋トレをするとき

鏡とダンベルと男性

まず当然ですが、筋肉痛に関与していない筋肉は鍛えても全く問題ありません。
足が筋肉痛でベンチプレスを避ける必要はないです。

腕が筋肉痛で腕を鍛えたいなどの場合。
先ほど言ったように基本的には休養に当てるべきというのが私の考えですが、短期的に違った刺激を入れるという意味ではオススメするやり方もあります。

低重量×高回数のトレーニングです。

高重量は靭帯、関節に負担が大きいため怪我のリスクが高まりますので避けましょう。

低重量×高回数のトレーニングを取り入れることで、いつもと違った新しい刺激を入れることができ、筋肥大を促進させる可能性が高まります。

ですが日常的におこなう必要はないと思います。
低重量×高回数のトレーニング自体は筋肥大に適した考え方とは言えないですし、あくまで筋肉のマンネリ化を防ぐためにたまに取り入れるトレーニングと思ってください。

さいごに

私は基本的に筋肉痛時の筋トレは否定派ですが、これが正解というわけではありません。
筋肉痛でも気にせず筋トレをしている人もいますし、実際にトレーニング成果も出ていたりします。

これについては優先順位の問題だと思います。

私は人生を豊かにするために筋トレをおこなっているので、その筋トレが原因で怪我、体調を崩しては本末転倒です。
そのことについてのリスクヘッジには過敏な方だと思います。

なにより怪我をしてしまっては結果的に遠回りだと思いますしね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.