筋トレ知識・雑学

自宅?ジム?それぞれで筋トレするメリットとデメリットをおさらい

更新日:

タオルをかけた男性

筋トレを初めて最初にやるのは腕立て伏せや腹筋でしょうか。

こと筋肥大においては自重トレより、ウェイトトレーニングをやった方がはるかに効果的です。

そこで自宅でダンベルなどを買ってやるのか、ジムなどに通った方がいいのか悩む人も多いと思います。今回はそれぞれのメリット、デメリットを比較してみましょう。

自宅で筋トレのメリット

好きな時間にトレーニングでき、初期投資のみで以後お金がかからない

これに限ると思います。(あとは一目が気にならないなどもあるでしょうか)

有限なお金と時間をコントロールしやすいのは最大のメリットといえるでしょう。

ジムだとやりたい種目が使用中で煩わしい時間を過ごすこともあります。

実際、私も始めは可変式ダンベル(プレートを付け替えて重さを調節できるダンベル)とフラットベンチを購入して、しばらく自宅でトレーニングしていました。

「ダンベル 筋トレ」などでググってもらえれば、これだけで相当のトレーニングができることが分かると思います。

パワーラックを購入すれば最強のトレーニング環境が手に入るでしょう(ハードルは高めですが。後述)

私は1年ほどダンベルで全身を鍛えていましたが、慣れてきたら次の問題が出てきました。

自宅で筋トレのデメリット

高重量を扱う背中、脚を扱う種目が困難

パワーラックがない人だとこれが1番のデメリットだと思います。

背中、脚は身体の中でも最も大きな筋肉を備えているため、それを効果的に鍛える代表的な種目、デッドリフト、スクワットなどは初心者でも慣れてくれば平気で100kgなどの重量を扱うことになります。

私のようなはじめはベンチプレス40kgも上がらないような貧弱な身体ででもです。
それほど背中、脚は大きな力を発揮できる筋肉です。

一般的に可変式ダンベルは本格的セットでも30kgセット。それ以上重くしても扱うのが困難でバーベルが必要です。

私は自宅で背中、脚を筋肥大を狙ってしっかり鍛え上げるにはパワーラックは必須だと感じました。

パワーラックはプレートやベンチを動かしたり、運動するスペースの確保も含めると4.5畳は必要です。なおかつ賃貸なら防音設備も必要でしょう。

10万前後の出費とスペース、設備を確保できる環境なら選択肢に入れていいと思います。

セット間の重量の変更(プレートの付け替え)が面倒

セットの重量の組み方は別の記事であげるつもりですが、私は同じ種目でもセットごとに重量をよく変更します。

その際、ジムだと重さごとにダンベルが用意されているので、ダンベルを持ち替えるのみでいいですが、自宅だと毎回プレートを付け替えなくてはいけません。安全面でスクリュー式シャフトを使いたいので、なお面倒になります。

視野が狭くなる

ジムにいけば様々な刺激を受ける機会が多いです。

  • 自分の扱ってる重量は他の人に比べてどうなのか(重量ばかりこだわりフォームを崩さないよう気をつけなくてはいけませんが)
  • 他の人の筋肉を見て刺激を受けますし、上級者の種目、フォームはたいへん参考になります。
  • 情報交換はとても貴重な時間です。

自宅で自分の世界のみでトレーニングしてると、モチベーションを高く保たないと成長曲線が知らず知らず停滞してるというのはありがちだと思います。

ジムで筋トレのメリット

自宅で筋トレのデメリットはまるまるジムでのメリットといえるでしょう。

自宅でもパワーラックがあればほぼすべてのトレーニングが可能ですが、はじめからそこまでお金をかけれる人も少ないと思います。

はじめはジムか公営スポーツセンターなどに通うか、自宅にダンベルセット、フラットベンチを購入するのが現実的でしょうか。

個人的にはジムに行き、着替えた段階で「やる気スイッチ」が入るのも大きいです。これは自宅でもうまい方法を見つければいいかとは思いますが。

ジムで筋トレのデメリット

やはりこれも上にあげたとおり、時間とお金に制約があることでしょう。

現実問題、仕事帰りの近くにもなく、自宅から片道1時間かかるようだと(個人的には30分でも)やめておいた方がよいでしょう。

お金は月額7000円~12000円ほどでしょうか。

特にオススメなのですが、どこの街にも公営のスポーツセンターがだいたいあります。

ここだと1回150~300円ほどで使用でき、なおかつパワーラックなどフリーウェイトもあることが多いです。下手にプール付きフィットネスクラブよりウェイトトレーニングにおいては充実してたりします。

一度お住まいの地域で調べてみることをオススメします。

ジムでトレーニングする女性
公営ジムに向いている人と民間ジムに向いている人。それぞれの違いを紹介

私は今、公営ジムに通っています。(よくある区営スポーツセンターです) その前は民間ジムを2つ通ってきました。 いわゆるよくあるフィットネスジム ⇒ ゴールドジム ⇒ 公営ジム という感じの遍歴です。 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-, ,

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.