筋トレ知識・雑学

公営ジムに向いている人と民間ジムに向いている人。それぞれの違いを紹介

更新日:

ジムでトレーニングする女性

私は今、公営ジムに通っています。(よくある区営スポーツセンターです)

その前は民間ジムを2つ通ってきました。

いわゆるよくあるフィットネスジム ⇒ ゴールドジム ⇒ 公営ジム

という感じの遍歴です。

結構珍しいパターンだと思います。まず公営ジムに行ってみて、もっと本格的にやりたくて民間ジムに移るというパターンの方が一般的なイメージがありますよね。

私は逆に慣れてきたときこそ公営ジムだと思いました。

そこで私が感じた公営ジムと民間ジムの違い、向いている人、向いていない人を話してみます。

公営ジムの特徴

公営ジムのイラスト

料金は都度払い(安い)

料金はその都度払います。地域にもよりますが、およそ一回150円~300円ほどです。

月20日利用で300円と最大限の利用を仮定しても月額6000円。

民間ジムは月額7000円~12000円ほどが一般的です。

週2、3回ほどの利用ならさらに差は広がるでしょう。

また、入会しなくてはならない民間ジムと違い、気軽に利用できるといえます。

トレーニング器具は最低限

これは施設の規模によりまちまちなのですが、多くの場合マシンは各部位1種類ずつなど最低限の印象があります。

それでも私が今まで利用した公営ジムはフリーウェイトコーナー、パワーラック、スミスマシンはどこにもあり、数は充実していないが最低限はあるという印象です。

ただ最低限なので、自分がやりたいと思っていた種目ができないことはよくあります。

トレーナーからの指導は基本的になし

多くの場合、初回のみ軽く施設、マシンの利用方法など説明のみであとは各自に任せる感じです。

ただ在中している職員はトレーニング関係者が多く、質問すれば答えてくれたり、補助も頼めばやってくる場合が多いです。

客層は千差万別

客層は施設により大きな違いがあります。

若い学生の集団がきていたり、高齢者が溜まってお喋りしてる時間帯もあったり、民間ジムと比較するとマナーの悪いといえる人にあたる可能性は高くなるでしょう。

クセのある人がいたり、逆に人当たりがよく様々な情報交換ができる人もいたり、良くも悪くも民間ジムよりも色々な人がいます。

民間ジムの特徴

民間ジムの写真

料金は月額制

7000円~12000円ほどの月額制が一般的です。

公営ジムよりは高額になると思いますが、まだトレーニングが習慣付いていない人には、
『入会して会費ももったいないので通おう』と後押ししてくれるのはメリットといえるでしょう。

トレーニング器具は施設により大きな違い

どのジムにも最低限のマシンはあると思いますが、フィットネス系のジムだとパワーラックなどフリーウェイト類が充実していない施設もあります。
フリーウェイトは怪我のリスクも高まり、指導にも時間がかかるので扱わない施設もあるのでしょう。

逆にゴールドジムなどウェイトトレーニングに特化したジムは公営ジムとは比べものにならないほど充実しています。

私はゴールドジムに通っていた時期はパワーラックで順番待ちをしたことがありません。

トレーナーから指導あり

多くは初心者には初心者用のプログラムを組んでくれたり、その人の段階に合わせた指導をしてくれます。(マンツーマン指導は別途料金だったりします)

ただ私はウェイトトレーニングにおいては、自分に合ったやり方は自分で見つけて模索するものだと思っているので個人的にはあまり重要視していません。

それでも全くの初心者で、自分で調べるのも面倒な人にはいいと思います。
得られる情報も多いに越したことはありません。

客層は安定している

もちろん一概には言えませんが、公営ジムに比べるとマナーの良い人が多いでしょう。

というよりはマナーが悪い人に当たる確率が少ないという感じです。

客層が安定していて悪く言えば面白味に欠ける?(こんなこと思うのは私だけかもしれませんが笑)

公営ジムに向いている人

  • お金をできるだけかけたくない
  • 自分がやりたい種目ができないとき他の種目で補うなど、臨機応変に対応できる
  • トレーニングメニューやフォームは基本的に自分で追及する
  • いろいろな人がいるが、それもポジティブにとれる

民間ジムに向いている人

  • お金は多少かかってもいい(習慣付けのために自分から追い込みたい)
  • 決めたメニューは同じルーティンでおこないたい(施設によりますが、基本的には公営ジムより空いていると思います)
  • トレーニングメニューやフォームなどトレーナーに見てもらいたい
  • 安定した客層で一人で集中したい
  • できるだけ綺麗な施設がいい

まとめ

こうしてまとめてみると、ある程度知識がある人こそ公営ジム向きとも取れますよね。

私はその日やるつもりの種目が埋まっていても、「じゃあ今日はこの種目で違った角度から攻めてみよう」など逆にプラスに考えています。いつもと違う刺激が入ることが結果筋肥大にも良いと思っています。

もちろんゴールドジムほどの設備で自分で考えながらやることもできます。
ボディビルやベンチプレスの大会に出たいなど専門的になってくると、「このときにこの器具が使えないなど無理だ」となってくるでしょう。

私の話はおそらく一般人レベルでの身体作りの話になると思います。

ただ公営ジムは当たり外れは多いので、まず近所の公営ジムに一度見学に行ってみることをオススメします。

私は公営ジムの方が家の近所だったのと、あの独特の雰囲気が結構気に入ってしまいました(笑)

タオルをかけた男性
自宅?ジム?それぞれで筋トレするメリットとデメリットをおさらい

筋トレを初めて最初にやるのは腕立て伏せや腹筋でしょうか。 こと筋肥大においては自重トレより、ウェイトトレーニングをやった方がはるかに効果的です。 そこで自宅でダンベルなどを買ってやるのか、ジムなどに通 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.