筋トレ知識・雑学

パンプアップと筋肥大の関係について知っておくべきこと

更新日:

パンプアップした男性

筋トレをしていると、トレーニング直後に筋肉が膨張して、大きくなっていることを感じることがあると思います。

これがパンプアップです。

パンプアップ直後は筋肉が成長したような気がしてとても気分がいいものですが、残念ながら30分前後で元に戻ってしまいます。
それ以後の筋肉が張っている感覚は筋肉の炎症です。

ではこのパンプアップは筋肥大に直接影響はあるのでしょうか。

「パンプアップは筋肥大に効果的だが、パンプアップを目的とするべきではない」
と私は考えます。

なぜパンプアップが起こるのか

パンプアップとは「吸い上げられる」という意味であり血流、水分が吸い上げられ筋肉が一時的に膨張した状態です。

筋トレの動作中は筋肉に負荷がかかり、緊張状態です。
筋肉中の血管は圧迫され、血流が滞り、筋肉は酸欠状態になります。

セットを終えると筋肉は緊張状態から解放され、そこに血流が流れ込みます。
また、溜まった疲労物質を薄めるため、たくさんの水分も筋肉に流れ込みます。

これが筋肉がパンプアップした状態です。

パンプアップと筋肥大

胸板の厚い男性

パンプアップをすることは筋肥大に効果的ですが、パンプアップ=筋肥大という考えはオススメできないです。

人間は適応しようとする生き物です。
筋肥大を起こすということは、このメカニズムを利用しています。

今まで感じたことのない強度のトレーニングをすることで「今のままの筋肉ではいけない」と脳が筋肉に指令を出し、適応させようとします。
これが筋肥大に繋がります。

そのため重量を上げたり、種目、セット数を工夫し今までにない刺激を与える工夫をします。

この「適応」をパンプアップに置き換えると、パンプアップで膨れ上がった筋肉はそのサイズに適応しようとし、より筋肥大を促進させると考えられています。

これは多くのボディビルダーが実践していることであり、科学的証明はまだされていないですが、確実に効果はあるようです。
(科学的証明はいつでも後から付いてきます。今現実に結果で証明されていることが一番です)

ですが、あくまで一番大切なのはトレーニング自体の物理的刺激であり、パンプアップは補助的な促進という意見が一般的です。

パンプアップの注意点

ひとつ注意点があります。

パンプアップ自体は「低負荷×高回数」のトレーニングでも起こります。
というよりも、「低負荷×高回数」の方が長い緊張状態と疲労物質の蓄積により、より起こりやすくなります。

ですが、長時間トレーニングはコレチゾールの分泌などにより筋肉の分解を促進します。

あくまで1セットは45秒以内、レップ数は15レップ以内で収めるべきだと考えます。

パンプアップをすること自体が目的になるのではなく、正しくトレーニングをおこなえた目安としてパンプアップを捉えるべきです。

重い重量を扱い過ぎ、他の筋肉を動員し過ぎたために狙った筋肉がパンプアップしなかった。
このような場合だと重量は下げて狙った筋肉を効かせる意識をおこなったほうがいいでしょう。

まとめ

ポイント

  • パンプアップは筋肥大を補助的に促進する役割をもつ
  • 筋肥大はあくまでトレーニング自体の物理的刺激が大切
  • パンプアップを目的とするのでなく、正しくトレーニングをおこなえた目安と考える

パンプアップ直後は自分のなりたい身体に一歩近づいていると思います。

それは自分の理想を強くイメージすることに繋がり、イメージする効果が筋肥大を起こりやすくなるとも言われます。
(イメージだけで変われるほど甘くはないですが)

パンプアップはとてもモチベーションを高めてくれるものです。
「パンプアップしたかな?」という意識も持ってトレーニングしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学
-

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.