筋トレ知識・雑学

私が筋トレ前後ともにストレッチをしない理由

更新日:

脚のストレッチをする女性

『運動前後にはストレッチをしましょう』

これっていわゆる日本の教育を受けてきた人には常識とされつつある話だと思います。

私はトレーニングの前後ともにストレッチをしていません。

いちおう自分になりに理由があってそうしているので、今回はその話をしてみたいと思います。

簡単に静的ストレッチ、動的ストレッチとは

静的ストレッチ

肩のストレッチをする女性

いわゆるみなさんが想像をするストレッチだと思います。

反動を使わずにじっくり筋肉、腱を伸ばしていくストレッチです。

疲労回復の促進、柔軟性の向上があるとされています。

動的ストレッチ

ラジオ体操をする集団

ラジオ体操に代表されるような動きです。

身体を動かしながら、心拍数、体温を上げ運動能力を高めます。

軽く走ったり、ジャンプしたり、サッカーのブラジル体操なんかも当てはまります。

静的ストレッチと動的ストレッチの使い分け

ざっくり言うと、

静的ストレッチは疲労回復に効果、動的ストレッチは運動能力の向上に良しとされています。

運動前は静的ストレッチは適さず、動的ストレッチをしましょうというのは、競技者にとってはもはや常識となりつつあります。

部活動のみでしか運動してこなかった方には運動前でも静的ストレッチをしている方もいるかもしれませんが、静的ストレッチは筋肉の神経系を一時的に鈍らせ、パフォーマンス低下が懸念されています。

なので現在

  • 運動前 ⇒ 動的ストレッチ
  • 運動後 ⇒ 静的ストレッチ

が主流の考え方です。

私が筋トレ前後にストレッチをしない理由

バツを手で作る男性

なぜ筋トレ前に動的ストレッチをしないのか

筋トレにおいては動的ストレッチ、すなわち準備運動は種目のウォーミングアップが適切だと考えているからです。

他のスポーツと違い、全く同じ動作を負荷を調節しながら身体を温めることができます。

なので特にその日の1種目は特に気を使いウォーミングアップをします。

1種目は大抵ベンチプレスやデッドリフトなど高負荷のトレーニングが多いので、3~4セットほどテンポよく筋肉、関節を温めるようウォーミングアップをおこないます。

ウォーミングアップは本当に大事と考えています。

怪我防止ももちろんですし、筋トレはメインセットに最大出力が出せるかどうかがキモ。

そのキモを握るのはウォーミングアップだからです。

ウォーミングアップについてはまた今後、別の記事で詳しく書こうと思ってます。

なぜ筋トレ後に静的ストレッチをしないのか

筋トレ後は筋肉だけでなく、関節や腱にもダメージは残っています。

私はその状態で静的ストレッチで負荷をかけるのは、筋肉や関節を痛めるデメリットの方が大きいと考えています。

ストレッチは誰でもできると思いがちですが、実は専門性の高いものであり、運動後の敏感な状態でむやみに伸ばすのはどうかと思うのです。

また、運動直後の静的ストレッチにおいては疲労回復には関係ないというデータもたびたび目にし、現在は軽く歩いたり、腕を回したり、身体をほぐす程度の動きで終えています。

静的ストレッチは筋トレ翌日におこなう

以上のことより、身体のダメージのある当日には静的ストレッチはおこなっていないのですが、翌日、というよりもトレ日以外の日は静的ストレッチを時間をかけておこなっています。

オフ日のケアが回復の促進、筋肥大にも大切だと思いますし、私は格闘技をやっているので身体の柔軟性も必要と考えているからです。

まとめ

以上、私の考えですが、あくまでこれも考え方の一例です。

私自身、筋トレ後の静的ストレッチをやめたのは最近ですし、まだまだ様々な考え方があると思います。

生物学的な話には未だ正解はなく、みな試行錯誤やっています。

筋肥大のやり方でも正解があるのなら、みな同じやり方でいいわけですし、それがないのでレップや種目、重量であったり、みな模索しながらやっているんです。

そこがまたトレーニングの面白いところだと思うんですけどね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.