筋トレ知識・雑学

私が筋トレを始めたキッカケ。自分語りの回!

更新日:

説明する男性

今回は自分語りの回です。

暇でしょうがない方はお付き合いください。(笑)

私は2018年で筋トレ歴6年目になります。(きちんと継続し始めてから)
筋トレを始めた経緯について少しお話しをしてみたいと思います。

ガリガリの生い立ち

私はもともとガリガリの男でした。

家系的にも痩せ型の家系で、骨格からして女性のような細い骨格をしています。
筋トレを始める前は170㎝、50キロ前後の体格でした。(今は70キロ前後です)

女性から細くて羨ましいなんて言われることもありましたが、私はずっとコンプレックスに思っていました。
私が何か始める動機は「モテたい」ということが多いのですが、筋トレは違いました。

何と言いますか、雄としての本能というか、自信が欲しかったんですね。

社会に出たら社会的地位であったり、お金であったり、いろんな「力」があると思うんですが、「身体の強さの自信」って男に生まれた以上、どこか根っこにあると思うんです。

そこには個人差があると思いますが私にとっては大きなことで、どこか同性にも舐められてるような気分な時が多かったと思います。(卑屈でしたね笑)

中学時代から家にあったダンベルを使ったり、腕立て伏せをしたりしていましたが、身体の変化は感じられませんでした。

今みたいにネットで知識が簡単に手に入る時代ではなかったので、やり方はめちゃくちゃでしたね。

結果が出ないので辞めるっていうのを20代後半まで定期的に繰り返していました。

本格的に始めることになったキッカケ

20代後半、転職の際に1ヶ月ほど実家に戻っていました。

このとき私はひとつの目標を立てました。

「1ヶ月食べまくって10キロ太ってやる!」

筋肉ももちろんなのですが、とにかく痩せて貧相だったので体重を増やしたかったんです。

このとき気づいたのが、本気で食べたら必ず太るということです。

それまでも人に比べて食べる方だったので、食べても太らない体質だと思っていました。

ですが、甘かったんです。

その1ヶ月は親に協力してもらい、少しでも胃に入りそうならとにかく食べました。

「食べても太らないんだよね」ってよく聞きます。私もそうでした。

ですが、本気で太るために努力して食べてはいないと思います。
本気になったら必ず太ります。

1ヶ月で10キロ太るようなやり方はオススメしないですが(笑)

そのときに並行して始めたのが筋トレです。

それまでにも短期的に筋トレをやる時期はあったのですが、このときはしっかりとやり方も調べ、近所のスポーツセンターに通いました。

すると食事のおかげか、今までと明らかに身体の変化が違いました。

もちろん脂肪も一緒に付いていたので、そんなにキレイな付き方ではないですが、使用重量も今までより明らかに増え、筋肉が付いていっている実感がありました。

このことがキッカケで、さらにトレーニング方法、食事など詳しく調べるようになり、今では習慣付いて筋トレをやるようになりました。

やはり筋トレを継続するためには、身体が変わる、使用重量が変わる喜びを感じることが一番だと思います。

さいごに

6年ほど筋トレ、食事方法などいつも調べたり、書籍を読んでいたらそれなりに知識も付いてきます。

成功談、失敗談なども多いです。

今筋トレに関心を持った人への情報発信、自分自身の確認の意味も込めてこのサイトは更新しています。

もっと分かりやすい作りに今後も改善していきますので、どうかお付き合いください。

以上、淡々と自分語りの回でした。。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ知識・雑学

Copyright© 元ガリの筋トレ、肉体改造部屋 , 2019 All Rights Reserved.